しきおりつづり

糸を組み合わせて布を作るように、文字を組み合わせて文を作る。しきおりつづり(織織綴)と申します。

【ReaJoy裏話】こぼれ話「さがしもの」 『星の王子さま』

 

 しきおりつづりの織(しき)です。

 本日は、サン=テグジュペリさんの『星の王子さま』について綴ります。

 

 

 

先ずはこちらを

 今回のブログは、以下の記事を読んだうえで、読み進めてください。

 よろしくお願いします。

 

reajoy.net

 

shikiori.hatenablog.jp

 

さがしているもの

王子さまのさがしもの

 ふたつの記事で書けなかったこと……そもそも、書いている時点では気づいていなかったことが、あります。

 

 王子さまがさがしていたもの

 

 たぶん、小惑星を飛び出してほかの星々をめぐっているときは、「居場所」。

 地球に来てからは、「人間」、「友だち」と変化していきます。

 

「居場所」は、ほかの星では見つけることができませんでした。

「人間」は、すこし時間がかかったものの、出会うことができました。

「友だち」は、キツネさんと“僕”と、絆を結ぶことができました。

 

 そうして、「井戸の水」を見つけ、満足して故郷へ帰っていきます。

「居場所」は、もとの場所だったから。

 

わたしのさがしもの

 再読していて、わたしの「たいせつなこと」は「」だとおもったのですが、「さがしているもの」はなんだろう……と考えていました。

 

 もしもそれがわかったら、わたしはふっと、王子さまのようにサン=テグジュペリさんのように、いなくなってしまうのではないかと感じました。それもいいかもしれない、とさえおもいました。

 

 けれど、記事を完成させたあと、ふと気づいたのです。

 

「さがしているもの」は変化している、と。

 さがしものは変わっていってよいのだ、と。

 

 ひとつのこと、ものを、さがす必要はないのですね。そのとき必要な物を、さがせばいいのですね。

 

おわりに

 急いでしまっていたのは、わたしでした。

 もっと落ち着いて、この作品と向きあえばよかったです。

 

 このことを、ReaJoyで綴れなかったのが、悔しいです。

 

 わたしはまだまだまだ、何度「まだ」をつけても足りないくらい、未熟ですね……。精進いたします。