しきおりつづり

糸を組み合わせて布を作るように、文字を組み合わせて文を作る。しきおりつづり(織織綴)と申します。

ランキングは注目しますか?

 

 しきおりつづりの織(しき)です。

 本日は、地元の図書館について綴ります。

 

 

地元の図書館

 一応地元ばれをさけているので、どこ、とは言えませんが……。

 司書過程の授業を受けていると登場するような土地です。過去のこととは言え、本好きとしては、それがちょっとした誇り。

 

 複数ある図書館すべてから借りること、予約することが可能です。

 予約の本は、遠い図書館のものであっても、近い図書館で受け取ることができます。

 

貸出・予約ランキング

 図書館のサイトでは、ランキングを見ることができます。

 今回はその上位をご紹介。

 

貸出ベスト3

1位 かがみの孤城*1

所蔵数:31 予約数:303

 

f:id:shikiori:20181208233613j:plain

辻村深月 『かがみの孤城

 2018年、わたしが最も好きになった小説。

 すき……。思い出すだけで泣きそうになります。

 

 Twitterで読書アカウントの皆さんが「これはいい」とあちこちで言っていて、気になった作品。

 出版されたのは2017年なので、出遅れ組なのですが……。でもそんなの関係ないです。未読の方は是非、いまからでも読んでほしい物語です。

 

 大人こそ、ぐっとくるとおもいます。

 特に、わたしのような、うまく生きることができていないと感じている人間には……。

 

www.poplar.co.jp

 

2位 蜜蜂と遠雷*2

所蔵数:32 予約数:242

 

 版元ドットコムさんに画像がなかったです……!

 幻冬舎さんのサイトで表紙の写真を見ることができます。

www.gentosha.co.jp

 

 未読です。

 知人がとてもおすすめしてくれたので、絶対読もうと決めている作品。貸してくれると言いつつ、いつ会えるのか謎。

 

3位 コンビニ人間*3

所蔵数:24 予約数:11

 

f:id:shikiori:20181208233545j:plain

村田沙耶香 『コンビニ人間

 結婚願望がなく、子どもも産みたくない。

 けれど周りはだんだん、そういった話が出てくる歳になってしまいました。

 

「なんで?」

 と聞かれるけれど、こちらからしたら、そっちがなんで? なんで結婚したいの? なんで子どもほしいの?

 

 なんで、違和感なく、ほかの人と変わらぬルートを、選べるの?

 なんで、わたしは、選びたいとおもえないのだろう……。

 

 主人公の女性は、変わっているけれど、変ではないとかんじました。彼女は彼女の考え方があって、生き方があって、それを貫いているだけ。

 周りの人間のほうがぞっとします。

 


 

 いま本が手元にないので曖昧な記憶ですが……。

 あなたたちの遺伝子を残さないで。

 という内容のセリフがあって、ほっとしました。

 

 そうですよね。

 社会不適合者の血なんて、残さないほうが世のため。

 

予約ベスト3

1位 沈黙のパレード ([ガリレオ])*4

所蔵数:17 予約数:393

 

f:id:shikiori:20181208233517j:plain

東野圭吾 『沈黙のパレード』

ガリレオシリーズ」9作品目。

 

 実はこのシリーズ、わたしは順番に読んでいなくて……。

容疑者Xの献身』を部活の先輩に借りて読み、大学の授業ですこし映像を観ました。『真夏の方程式』は映画を観に行きました。

 という、にわか。

 

 ドラマもちゃんと見ていなかったので、原作だけでもきちんと読みたいものです。

 

 公式サイトがかっこいい。

www.bunshun.co.jp

 

2位 大家さんと僕*5

所蔵数:7 予約数:313

 

f:id:shikiori:20181208233440j:plain

矢部太郎 『大家さんと僕』

 未読。

 

 大家さんが亡くなったと、以前ニュースになりましたね。そのニュースを見たあと、矢部さんのツイートを拝見しました。

 

www.shinchosha.co.jp

 

3位 かがみの孤城

 予約数もおおい。さすがです。

 

おわりに

 いつも自分が気になっている本を検索するために、図書館のサイトを利用しているので、ここまでじっくり見ることはなかなかありません。

 所蔵数に注目したのは初めてかもしれません。

 

 大学生のころ、この地元の図書館だけでなく、大学図書館・大学がある駅の図書館・隣駅の図書館、とフルで利用していました。それぞれのランキングを比較してみるのも、面白かったかもしれないですね。

 いまはもう、使えないのですけれど……。

 

 図書館はその土地の情報がたくさん詰まっているので面白いです。

 このランキング以外にも綴れることがたくさん。もうすこし、しきおりつづりで触れたいです。

 

*1:

タイトル:かがみの孤城

作家名:辻村深月

出版社:ポプラ社

出版日:2017年5月9日

本の形態:四六判

ISBN:9784591153321

Cコード:C0093

*2:

タイトル:蜜蜂と遠雷

作家名:恩田陸

出版社:幻冬舎

出版日:2016年9月20日

本の形態:B6判

ISBN:978-4-344-03003-9

*3:

タイトル:コンビニ人間

作家名:村田沙耶香

出版社:文藝春秋

出版日:2016年7月27日

本の形態:四六判

ISBN:9784163906188

Cコード:C0093

*4:

タイトル:沈黙のパレード

作家名:東野圭吾

出版社:文藝春秋

出版日:2018年10月11日

本の形態:四六判

ISBN:9784163908717

Cコード:C0093

*5:

タイトル:大家さんと僕

作家名:矢部太郎

出版社:新潮社

出版日:2017年10月31日

本の形態:A5判

ISBN:9784103512110

Cコード:C0079